カードローンの返済方法に注意する

マイホームを購入した方々は、よくローンを組んでいます。何せマイホームは、販売価格も少々高めになるでしょう。中には1億前後の物件もあります。
そういうお金を一気に支払うのは難しいですから、ちょっと銀行に相談して住宅ローンを組む方々も多いです。そして一旦ローンを組んだ方々は、できるだけ早めに返そうと考える傾向があります。

例えば現在住宅ローンを組んでいて、返済に要する日数は、残り20年位だとします。しかし20年などでなく、それを17年や15年などと短くしようと考える方々が多いのです。とにかく期間の長さにこだわる方々が目立ちます。
ところで.実はそれはカードローンとも無関係ではありません。カード商品で借りる時にも、やはり期間は意識する方が良いでしょう。
と言うのもカードローンで借りた場合は、トータルの金額が期間と比例する一面があるのです。短期的に返す方が、最終的にはお得になる傾向があります。

例えばカードローンで借りて、完済までに3年かかったとします。その場合、トータル金額が10万円台でした。ところが3年などでなく、2年で返せるケースもあるのです。その場合は10万円などでは無く、8万円台や9万円になる事があります。金利についてはここのサイトに掲載されていますので、参考にしてください。
上記で触れた住宅ローンでも、同じような事が起きるわけです。もちろん住宅ローンでも、返す金額は低いに越した事は無いでしょう。
要するにカードローンは、短期返済がポイントになる訳です。幸いにもこの商品には、リボという便利な返済方式もあります。余裕がある時はできるだけ返済をして、短期完済を目指すと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ