オリーブ栽培発祥の地である小豆島を堪能してみませんか

香川県と聞いて真っ先に思い浮かぶものは讃岐うどんではないでしょうか。しかし、うどん以外にも香川県の名産品は数多くあります。
その中でも私がおすすめしたいのは小豆島のオリーブです。ここでは、香川県の名産品であるオリーブを味わうことができる小豆島の魅力を紹介します。

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島であり、香川県の北東に位置しています。瀬戸内海特有の温暖な気候のため、オリーブやミカン等の栽培が盛んです。中でもオリーブの栽培は小豆島が発祥の地であるとされており、島内にはオリーブに由来する公園や神社があります。

また、島内で栽培されたオリーブから作られたオリーブオイルは国内だけでなく、海外でも人気を集めており、商品によって味や香り、価格等がそれぞれ異なるので自分の好みに合った商品を探す楽しみがあります。

小豆島へのアクセスはフェリーを利用します。出港する港によっては本数があまり多くないので、繁忙期に行く際は予約をしておいた方がいいと思います。
また、島内は坂が多いので、全体的に観光したい方や小さな子どもを連れたご家族の方はフェリーに自家用車を載せて行くか、島内でレンタカーを借りることをおすすめします。

自分好みのオリーブオイルに出会いたいと思った方はぜひ小豆島を訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ